40代から気をつけるべき生活習慣病

こんにちは!adominです。

生活習慣病というのは、高齢の方がかかるリスクが大きいと思っている人は多いのではないでしょうか?しかし、昨今では若年層でもかかるリスクは上がっています。

中でも、糖尿病や高血圧、脂質異常病などの生活習慣病をもっている人は、むしろ40代以上の男女に多くなってきている傾向にあるのです。

 

60代男性の5人に一人は糖尿病にかかっている

糖尿病の治療を受けている、または糖尿病の疑いがある人の割合は、男性で40代8.0%、50代15.6%、60代で22.1%となっています。

 

糖尿病

出典:www.ac-illust.com

 

対して女性は、40代で3.6%、50代で5.6%、60代で13.5%となっています。

また、糖尿病と診断されたことがある人の割合は、男性で16.1%、女性で8.8%となっていて、2000年に比べると2010年の方が増加しているという結果になりました。「注1」

「注1」平成22年 国民健康・栄養調査結果の概要

 

60代の6割が高血圧になっている

高血圧に関しては、男性は40代で33.5%、50代で57.8%、60代で64.4%となっています。対して女性の場合は、40代で12.7%、50代で36.3%、60代で60%という結果になりました。

高血圧も2003年に比べると2010年のほうが増えたという結果になりました。

2010年の国民健康・栄養調査では、世帯所得が低いほど野菜の摂取量が少なくなったり、運動習慣がなかったりして、生活習慣病を引き起こしやすい傾向にあることがわかったようです。

 

なお、1日当たりの野菜の平均摂取量は、高所得層の男性で293g、女性で305gとなっていて、これが中所得層になると、男性276g、女性で278gとなっています。

そして、低所得層になると、男性256g、女性で270gとなっています。この数字からわかるように、所得が低くなればなるほど摂取量が減っているのがわかります。

 

※日本栄養士会によると、野菜は1日350g以上摂ることを推奨しています。しかし、ほとんどの人は、1日に350g以上の野菜を摂取できていないようです。

 

まとめ

ここまで生活習慣病に関する情報を紹介してきましたが、ここで、私も参考にしている、健康や栄養素、サプリメントに関しての情報を詳しく解説しているサイトを紹介します。

https://eiyouryohou.com/ (こころと身体の栄養療法)

医師でもある大学の教授が書かれているサイトですので、情報もしっかりしていますしおすすめです。健康や栄養に興味がある方は是非確認してみてくださいね。

生活習慣病のひとつ歯周病の予防方法について

こんにちは!adominです。

生活習慣病のひとつである「歯周病」は、歯垢中の細菌の影響により炎症を起こしてしまった結果、歯を支える骨や歯肉が破壊されていく病気になります。

歯垢は細菌と、その細菌の排せつ物の塊のことで、食べカスのことではありません。仮に食事をしなかったとしても細菌は口の中で増え続けてしまいます。

 

歯と歯肉の境界や歯肉の隙間(歯周ポケットともいう)の歯垢が放置されてしまうと、食事をしなくても細菌が増えるので炎症が起こってしまいます。

そして、最終的には歯の支えが破壊されてしまうのです。

 

歯周病は自覚症状がほとんどない

歯周病 予防方法

出典:www.ac-illust.com

 

歯周病は、目だった自覚症状がない病気です。ただ、全くないわけではなく、歯がグラグラしたり、体調を崩した時に急に歯肉が腫れたりすることがあります。

このような自覚症状が出た場合は、すでに重症化している可能性があります。

歯周病は、重症化してしまうと歯としての役割を果たすことが困難になってしまうので、抜歯しなければいけなくなってしまいますので注意が必要です。

 

別の病気を併発してしまう可能性も

歯周病自体は歯を失う可能性がある病気ですが、別の病気を併発させてしまう可能性があります。

それが、「糖尿病」や「動脈硬化」などで、これらの病気も生活習慣病とされています。

口内だけでなく、身体全体の健康にも影響を及ぼす可能性がありますので、しっかりと予防することが大切になります。「注1」

「注1」日本生活習慣病予防協会

 

歯周病の予防方法は?

歯周病の大きな原因は、口の中の細菌です。細菌がなくなれば歯周病になることはないのですが、細菌がゼロになることはありません。

では、どうすればいいのでしょうか?対策としては、こまめに掃除をするしかありません。

歯磨きは、誰しもが毎日行っていると思います。しかしながら、奥歯や歯の裏側が磨けていないなど、不十分な状態で終わらせている人が多いのが現状です。

 

一方で、力強く磨くことで歯垢除去などはできていても、歯の根元が削れてしまっている人もいます。歯と歯の間を歯ブラシで磨くのは、実は難しいことなのです。

「デンタルフロス」などを使って、しっかりと落とすようにしましょう!

生活習慣病にはどんな種類があるの?

こんにちは!adominです。

一口に生活習慣病といっても様々な種類があり、それぞれの病気に対して適切な予防法があります。

そこで今回は、生活習慣病にはどのような種類があるのかを紹介していきます。

 

生活習慣病の種類や頻度について

生活習慣病 種類

出典:www.ac-illust.com

 

生活習慣病には、以下の種類があります。

  • 肥満
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 高脂血症
  • 高尿酸血症
  • 大腸がん
  • 肺扁平上皮がん(肺がん)
  • 慢性気管支炎
  • 肺気腫
  • アルコール性肝障害
  • 歯周病

 

生活習慣病が特に注目されているのは、患者数が多いことと、上記にあげました疾患が「動脈硬化症の発症と関係している」からといわれています。

動脈硬化自体は、脳腫瘍や心筋梗塞を引き起こす要因になると言われています。

 

生活習慣病の患者の割合は?

平成12年第5次循環器疾患基礎調査によると、肥満の男性の割合は28.2%、女性は23.6%だったといいます。そして、高血圧の男性の割合は51.7%、女性が39.7%となっています。

また、高脂血症の男性の割合は25.7%、女性は34.1%となっています。「注1」

「注1」平成12年循環器疾患基礎調査結果の概要について

 

なお、循環器疾患基礎調査については30歳以上の人口に対しての結果になりますので、年齢が変わればパーセンテージも変わってきます。

20代の時点では一般的に生活習慣病を意識する人は少ないと思いますが、30歳を過ぎたころから気をつけなければいけないことが多くなってきます。

 

その中でも高血圧に関しては男性で半数以上という残念な結果がでていますからね。調査結果を見てもいかに生活習慣病が身近なのかがわかると思います。